スポンサーリンク

ヨネダ2000のM1相撲ネタがつまらない?面白い?シュール過ぎて難しい・・・

スポンサーリンク
バラエティ
スポンサーリンク

 

M1グランプリ2021の準決勝に「ヨネダ2000」が進出し、話題になっています。

今回の記事では、「ヨネダ2000」のM1グランプリ2021のネタがつまらないのか?面白いのか?についてまとめました。

 

スポンサーリンク

ヨネダ2000って?

「ヨネダ2000」は、吉本興業に所属するお笑いコンビです。水色のトレーナーを着ているのが、「愛」さん。緑色のトレーナーを着ているのが、清水亜真音さん。ネタによるのかもしれませんが、清水さんがボケの役割を担っている様子。

結成は2020年4月1日で、まだ2年も経過していないとの事。凄っ!

 

プロフィールは、こちら!

清水 亜真音(しみず あまね)
生年月日1999年3月25日(22歳)
出身地 東京都
身長  155cm
愛(あい)
生年月日 1996年9月19日(25歳)
出身地 神奈川県横浜市出身。
身長168cm

 

ヨネダ2000・2021のM1の相撲ネタがつまらない?面白い?

ヨネダ2000の3回戦のネタが公開されています。

「どすこい!どすこい!」を繰り返す「愛」さん。そして、縦横無尽にボケ続ける、清水 亜真音さん。ツッコミが存在しない事に驚きました。

ランジャタイのネタも、方向的にはシュールな世界観を作っていましたが、ランジャタイには、ツッコミがしっかり存在しているので、それとも違う異質な世界観を作られています。

 

 

ヨネダ2000に対する反応は?

 

『芸歴2年目の女性コンビ』という事もあり、一気に知名度があがっています。

高評価をされている方も多い様子。

 

まとめ

今回の記事では、「ヨネダ2000」のM1グランプリ2021のネタがつまらないのか?面白いのか?についてまとめました。

結成2年目にして準決勝に進出しており、注目度は抜群です!

審査する方の評価が分かれると思いますが、個人的には辛口評価になりそうな気がします。

スポンサーリンク
バラエティ
スポンサーリンク
tenmadeをフォローする
インテリゴリラのエンタメナイト!

コメント

タイトルとURLをコピーしました