スポンサーリンク

TOKYO MER最終回ネタバレ予想!涼香は本当は生きてる?

スポンサーリンク
TOKYO MER
スポンサーリンク

「TOKYO MER」第10話が9月5日放送されました。

 

「死者ゼロ」を誇ってきたチームにとって、初の死者が・・・

しかも、重要キャストだと思われてきた喜多見チーフの妹、涼香(すずか)だったことに、かなりの衝撃が走りました。

今回はそんな10話のあらすじを振り返りながら、最終回の大胆予想をしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

TOKYO MER 死者1名はなぜ出た?なんで涼香が?

第10話では、大学の教室がテロにより爆破されます。

ケガ人の救助のために駆け付けたのが、喜多見幸太(鈴木亮平さん)と音羽尚(賀来賢人さん)ですが、それこそが、テロリストであるエリオット椿(城田優さん)の罠でした。

かつて、喜多見チーフは、ケガをしたエリオット椿を救うために、犯罪を犯してまで救助を行いました。その際、「私を助けたことを必ず後悔させます」と語った椿は、喜多見チーフの妹・喜多見涼香(佐藤栞里さん)に接触し、「兄から借りたものだから返してほしい」と爆弾入りの水筒を渡します。

何も知らない涼香は、爆弾の被害者に・・・

危機管理対策室のメンバーである・清川標(工藤美桜さん)の口からは、いつもの「死者はゼロです」ではなく、「今回の出動、死者は1名です。」の報告が・・・

 

以前から、「約束は果たしますよ」と喜多見チーフに対し、エリオット椿が口にしていましたが、その「約束」とは、「私を助けたことを必ず後悔させます」という一方的な約束でした。しかも、両親を既に亡くしている喜多見チーフにとって唯一の家族である涼香を、椿は狙っていたとしか思えません。

 

TOKYO MER最終回ネタバレ予想!涼香は本当は生きてる?

最終回、第11話のあらすじはこちら!

最愛の妹を亡くした喜多見チーフは、失意のためMER脱退を告げます。

以前から胸をおさえて苦しそうにする姿が目立っていた都知事の赤塚梓(石田ゆり子さん)は意識不明になってしまう。

政治家・天沼夕源(桂文珍さん)の指示により、遂にMERは解散する事に・・・

そんな時に、テロリストのエリオット椿(城田優さん)が連続爆破テロを引き起こし、東京中が炎上。

喜多見チーフがいないMERは、最大のピンチを迎えることに・・・

と、ここまでが、あらすじとして発表されています。

 

 

そして、喜多見チーフの妹・涼香に生きててほしいファンとして、最終回のストーリーをちょっと考えてみました。

 エリオット椿が仕掛けた水筒の中身に気づいた危機管理対策室のメンバーが、爆弾の処理方法を涼香に指示。

涼香は指示に従い、無事に爆弾を処理しましたが、「誰も死んでいない」となるとエリオット椿がさらなるテロに走る可能性が・・・そのため、爆弾により被害者が出た事を椿に知らせるため、「死者1名」を発表。

エリオット椿の身柄を取り押さえるまで、涼香は危機管理対策室で保護。

10話では出演が無かった公安の月島しずか(稲森いずみさん)と部下の高松(馬場徹さん)の活躍により、無事にエリオット椿が逮捕され、涼香と音羽先生が結ばれ、ハッピーエンド!

と、こんな妄想をしてみました。

こんな風に涼香が生きてくれていたら、かなり嬉しいですよね。

 

TOKYO MER死者1名に対する感想・世間の反応は?

城田優 しばらく無理・・・あいつ最悪なテロリストじゃん・・・

音羽先生と涼香ちゃんが、最後に結ばれるのがシーズン1の最終回だと思ってた。

死者1名の予告を信じていなかっただけに、涼香が被害者になったのが、あまりにも悲しすぎた。喜多見先生の気持ちを考えると、涙が止まらなかった。

ショックで明日の仕事は行かないことに決めました。

椿のテロ行為を、どうにかやめさせる方向で進んでほしかった。悲しすぎる。

今回はつらかったけど、最終回がすごく気になる。

すずかちゃんに生きてて欲しい。

音羽先生と涼香ちゃんの絡みが楽しかったのに・・・。

涼香ちゃんって、ずっと死亡フラグ立ってたのか?絶対音羽先生と結婚すると思ってたわ。俺の勘違いか?

悲しすぎて涙が止まらなかった。本当に悔しい終わりだった。喜多見チーフの気持ちを考えると辛すぎる。

「初の死者1です」が、まさかの涼香ちゃんって。絶句しました。

音羽先生が涙ぐんでいたのが泣けた・・・

まとめ

TOKYO MER最終回ネタバレ予想をしていました!

「涼香は本当は生きてる!」っていう個人的願望を元に、最終回、第11話のあらすじをまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました