スポンサーリンク

大正オトメ御伽話・珠彦の姉、珠代(たまよ)の狂気的なエピソード5選【サイコパス】

スポンサーリンク
大正オトメ御伽話
スポンサーリンク

 

今回の記事では、大正処女御伽話の登場人物の中で、最もヤバイと呼び声高い、珠彦の姉、志磨珠代(たまよ)。

今回の記事では、志磨珠代(たまよ)についてまとめてみました。

この記事を読めば、「珠代が、いかにヤバイ人物なのか?」を知る事ができます。

 

スポンサーリンク

珠代のプロフィールは?

 

本名志磨 珠代 (しま たまよ)
年齢19歳
家族5人兄弟の2番目(長女)

珠彦の2歳上。
5人兄弟ですが、珠彦とは腹違いです。

登場シーンは多くありませんが、冷血で、狂気的な性格のため、どのシーンも印象が強くて、ヤバイです。

 

珠代の、狂気的なエピソード5選

ピアノを弾こうとした珠子の指を挟もうとする

「第26話 珠子ノ憂鬱 4巻」のシーン。

 

珠子が6歳、珠代が13歳の頃の回想シーンです。

ピアノを弾く姉の珠代を羨ましく思った珠子は、自分も弾いてみたいと指を近づけます。

すると、珠代は、珠子の指が鍵盤に近づいた瞬間に、勢いよく鍵盤蓋を閉じ、珠子の指を挟もうとします。

驚いて指を引っ込めた珠子に、冷たい笑みを浮かべる珠代。

文句なしのサイコパスエピソードです。

 

生きた虫を切り刻み、分解させる珠代

こちらも、「第26話 珠子ノ憂鬱 4巻」のシーン。

珠子が6歳、珠代が13歳の頃の回想シーンです。

 

珠子に、「おままごとをしよう」と誘ってくる姉の珠代。

いくつかの虫を捕まえてきた珠代は、
お食事の準備をしようと言い出します。

生きた虫を引きちぎるよう指示する珠代。

「まだ生きているから、かわいそうだよ。」と涙ぐむ珠子に、さらに強要し、「ほら、イモ虫さんの活け造りができた!」と、イモ虫を分解して見せます。

トラウマ必至のサイコパスエピソードです。

 

ユヅの母親の赤ちゃんの殺害をほのめかす珠代

「第31話 御伽話ハ幕 5巻」のシーン。

ユヅの元に現れた珠代は、ユヅに対し、珠彦と別れるよう強要します。

当然、ユヅは拒否しますが、珠代は、ユヅの母親が妊娠している事をユヅに伝えます。

縁が切れてしまった母親に、赤ちゃんが宿っている事を知り、喜ぶユヅ。

そんなユヅに対し、「赤ん坊を失うことになるわよ!」と脅迫し、珠彦と別れさせます。

珠代の怖さが光るエピソードです。

 

ケガで療養中の長男に毒を盛り、殺害する

「第33話 親子ハ一世 5巻」のシーン。

関東大震災の時にケガを負い療養中だった長男の珠樹に、毒を盛ります。

 

目的のためなら手段を選ばない珠代。
実の兄でさえも、このような仕打ちをしちゃうヤバい人物です。

 

父親を孤立させ、自分の意のままに動かす珠代

「第33話 親子ハ一世 5巻」のシーン。

 

父親と子供たちの縁が切れるように仕向け、珠代以外の兄弟は、このようにバラバラに・・・

長男 珠樹死去
次男 珠彦絶縁(ユヅの家に婿入り)
三男 珠央絶縁(叔父の曲直部 珠介の養子に)
次女 珠子絶縁(叔父の曲直部 珠介の養子に)

 

 結局珠代って、何がしたかったの?

珠代は、父親からの注目を集め、父親を自分だけのモノにするのが目的でした。

そして、珠代の思惑通り、兄弟は父親から離れて行き、珠代だけが志磨家に残り、物語は終わりを迎えました。

 

まとめ

今回は、珠代のサイコパスっぷりを考察しました。
是非、原作も手に取ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました