スポンサーリンク

大正オトメ御伽話・志磨家の家計図は?羅刹の一族を紐解くエピソード5選

スポンサーリンク
大正オトメ御伽話
スポンサーリンク

 

大正処女御伽話読んでるけど、
志磨家の家族構成がイマイチ分かんない・・・。

大正処女御伽話は、
主人公の珠彦が5人兄弟である事が分かりますが、
実は、家族構成はかなり複雑で、
初見だと、謎だらけだと思います。

この記事を読めば、
志磨家の家族構成が、
すっきり分かるはずです。

 

スポンサーリンク

志磨家の家計図を紐解く関連エピソードを一挙紹介!

志磨 珠義(しま たまよし)

志磨家の当主、珠彦の父親。
全ての子供達の父親。

志磨 透子(しま とうこ)

珠彦の母。
交通事故により、事故死。

「第32話 厭世家ハ二度死ヌ 5巻」のシーンに出演。

透子が珠央に対して言った、「珠介さんとの子供、珠央」

「アナタだけが私の本当の子供」

「あの男に産まされた珠彦と珠子は私の子じゃない」

「私の子は珠央だけよ」

 

珠彦・珠央・珠子の母である事が確定。

 

志磨 珠樹(しま たまき)

「第30話 十二月三十一日 ② 4巻」のシーンにより、
24歳の若さで死去。

当時、珠彦が19歳だったため、珠彦の5歳年上である事が確定。

「第30話 十二月三十一日 ② 4巻」の文脈等から、父親は、珠義で確定の雰囲気だが、母親は不明。

 

志磨 珠代(しま たまよ)

明治36年4月13日生まれ。

 

「第22話 確志ノ瞳 3巻」のシーン。

珠彦の二つ上の腹違いの姉である事が確定。

父親は、珠義確定だが、母親は不明。

 

志磨 珠彦(しま たまひこ)

明治38年9月1日生まれ。

「第32話 厭世家ハ二度死ヌ 5巻」のシーンで、透子が珠央に対して言った、「珠介さんとの子供、珠央」

「アナタだけが私の本当の子供」

「あの男に産まされた珠彦と珠子は私の子じゃない」

「私の子は珠央だけよ」より、
父親は、珠義確定。
母親は、透子確定。

 

志磨 珠央(しま たまお)

明治41年8月10日生まれ。

「第30話 十二月三十一日 ② 4巻」のシーンに登場。

「僕ももう十六歳ですよ」と発言しており、当時、珠彦が19歳だったため、珠彦の3歳年下である事が確定。

 

「第32話 厭世家ハ二度死ヌ 5巻」のシーン。

「珠彦と珠子とは種違いの兄弟」

「俺ってさ、父さんの子供じゃない」

「本当の父親は、志磨 珠介って人みたい。」

この発言により、
父親は、曲直部 珠介確定。
母親は、透子確定。

 

志磨 珠子(しま たまこ)

明治44年2月1日生まれ

「第9話 兄ト妹 2巻」の珠彦の発言、「僕がお前と本当に血の繋がった兄妹だからここに来たんだろ」により、珠彦と父・母が同じ可能性が高くなる。

 

「第32話 厭世家ハ二度死ヌ 5巻」のシーンで、透子が珠央に対して言った、「珠介さんとの子供、珠央」

「アナタだけが私の本当の子供」

「あの男に産まされた珠彦と珠子は私の子じゃない」

「私の子は珠央だけよ」

より、
父親は、珠義確定。
母親は、透子確定。

 

曲直部 珠介(まなべ たますけ)

珠彦の叔父さん。

「第32話 厭世家ハ二度死ヌ 5巻」のシーンで、透子が珠央に対して言った、「珠介さんとの子供、珠央」

「アナタだけが私の本当の子供」

より、
珠央の父親確定。

 

尚、
「第22話 確志ノ瞳 3巻」の珠義の、「お前は婿入りして他家へ逃げたのだったな。まだアレを取られた事を根に持っているのか」発言より、
「志磨珠介」⇒「曲直部珠介」に苗字を変えた理由も判明。

 

 志磨家の家族構成を図式化してみた!

志磨家の家計図は?

珠樹(明治33年台)珠義不明
珠代(明治36年4月13日)珠義不明
珠彦(明治38年9月1日)珠義透子
珠央(明治41年8月10日)曲直部 珠介透子
珠子(明治44年2月1日)珠義透子

家計図を表にしてみました。

5人とも、父親は一緒かと思いきや、珠央1人だけ、父親は「曲直部 珠介」です。

また、長男の珠樹と、長女の珠代の母親は、透子でない事は確かですが、本編では母親の名前には触れられていません。

「羅刹の一族」と呼ばれるくらいですので、こちらも、気になるところ。

 

 

最終巻までの家計図の変化は?

珠樹死去
珠彦結婚し、立花珠彦に改名
珠央曲直部珠介の養子になり、曲直部珠央に改名
珠子曲直部珠介の養子になり、曲直部珠子に改名

 

まず、長男の珠樹ですが、関東大震災の時に負傷し、療養中である事が描かれていましたが、長女の珠代に毒を盛られてしまいます。

 

また、主人公の珠彦は、結婚を機に、ユヅの本名である立花姓を名乗ります。

そして、珠央と珠子の2人は、曲直部珠介に引き取られ、養子になります。

一家の離散は、長女・珠代が画策した事が描かれていましたが、改めてみると、ひどい有様ですね。

 

まとめ

今回は、志磨家の家族構成を考察しました。
是非、原作も手に取ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました