スポンサーリンク

守備妨害の観客・楽天ファンは誰?名前特定?

スポンサーリンク
芸能人
スポンサーリンク

 

2022年6月26日に行われたプロ野球「楽天vs西武」戦で、ファンが選手の守備を妨害する守備妨害が発生。

今回の記事では、「守備妨害の観客・楽天ファンは誰?名前特定?」についてまとめました。

スポンサーリンク

守備妨害って?

守備妨害が起こったのは、6月26日の「楽天-西武」戦。
6回、楽天イーグルス・茂木栄五郎選手の打球が、レフト方向のファウルグラウンドフェンス付近に飛んだ際、観客が腕を伸ばして打球をキャッチしてしまいました。
このプレーは、左翼手のオグレディが捕球体勢に入っていると判断されたため、審判はアウトの判定をすることに。

守備妨害の観客・楽天ファンは誰?名前特定?

しかし、問題は、観客がフェンスを越えて手を伸ばしてキャッチしていたことです。
この行為に対し、双方のファンから批判の声が集まることに。

 

楽天イーグルスのユニフォームを着ているところを見ると、楽天ファンの誰か?と言われています。

具体的な名前までは現時点では特定に至っていません。

 

今回の出来事を間近で見ていたファンからの声がこちら!

後ろで見てましたが、取った瞬間、思わず「ダメだよ!」って言っちゃいました。試合の途中でそそくさと帰って行っちゃいましたけど。キャッチして褒められると思ったんでしょうか?

 

守備妨害に対するSNSの反応は?

ボールを捕りたい気持ちは分かるけど、選手の邪魔だけはしてはいけない。プレーを邪魔している時点で、ファン失格。

例え、応援しているチームの勝利に貢献したとしても、やってはいけない行為。

正直この観客には何かしらの処分があって然るべきでは?

球場側がフェンスを無くしたり低くすることで起こった出来事だと思う。フェンスや網を設置しないと、今後も起こりうる。

スタンドとグランドの距離が近すぎて、このような出来事が起こってしまうんだと思う。

 

まとめ

今回の記事では、「守備妨害の観客・楽天ファンは誰?名前特定?」についてまとめました。

楽天イーグルスのユニフォームを着ているところを見ると、楽天ファンの誰か?と言われています。

具体的な名前までは現時点では特定に至っておらず、引き続き調査を続けていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました