スポンサーリンク

みらてんで高橋海人が東大受験?ドラゴン桜すぎて草?!

スポンサーリンク
ドラマ
スポンサーリンク

 

木村拓哉が主演を務めるドラマ「未来への10カウント」で『King & Prince』の高橋海人さんが高校生役で出演されることに。

今回の記事では、「未来への10カウント(みらてん)で高橋海人が東大受験?ドラゴン桜すぎて草?!」についてまとめました。

 

スポンサーリンク

未来への10カウント(みらてん)の高橋海人の役柄は?

高橋海人さんが演じられるのは、高橋さんの本名と名前が同じ、伊庭 海斗(いば かいと)役。

高校3年生でボクシング部部長。ボクシング漫画の影響からボクシングを始めた役柄で、学業は優秀で、東京大学が狙えるほど。

 

未来への10カウント(みらてん)の高橋海人は、また東大受験?

松葉台高校の大場校長(内田有紀さん)が、「部長の伊庭くんは、東大も狙える優等生なの!」と語りだすと、SNSで一気に話題が拡散。何かを連想された方が多かった様子。

2021年に放送された、ドラゴン桜。

ドラゴン桜では、髙橋海人さんは瀬戸輝(せと あきら)役を演じら、東京大学(文科二類)を受験し、見事合格されています。

未来への10カウント(みらてん)の高橋海人に対するSNSの反応は?

 

まとめ

今回の記事では、「未来への10カウント(みらてん)で高橋海人が東大受験?ドラゴン桜すぎて草?!」についてまとめました。

ドラゴン桜を連想させる設定に、反響が大きく挙がりました。2度目の東大合格を期待する声も多く、今後のドラマの展開が気になりますよね。

スポンサーリンク
ドラマ
スポンサーリンク
tenmadeをフォローする
インテリゴリラのエンタメナイト!

コメント

タイトルとURLをコピーしました