スポンサーリンク

開会式ピクトグラムの海外の反応は?日本だけで盛り上がってる?

スポンサーリンク
アスリート
スポンサーリンク

東京オリンピックの開会式で、廣村正彰さんがデザインした2次元のピクトグラムを、動作で表現したパフォーマンスが喝采を浴びています。

青い気ぐるみと白い気ぐるみを着た演者が行ったパフォーマンスは、「が~まるちょば」さんと、「GABEZ(ガベジ)」さんらが行っていた事が判明。

 

「が~まるちょば」さんと、「GABEZ(ガベジ)」さんらが行ったピクトグラムのパフォーマンスは、海外でどのように評価されたのか気になるので、まとめました。

 

開会式ピクトグラムの海外の反応は?

パフォーマンス観てたら、日本の映画館で見たビデオを思い出した。

開会式が終わってすぐに書き込んだけど、ドローンとピクトグラムが心底楽しめた。

開会式でこのような感覚になるのは不思議だけど、非常に美しい開会式だった。ピクトグラムが大好きでした。本当に独創的ですごく楽しめました。さあ、オリンピックを始めましょう!

「生きている絵文字」セグメントは、最もクールでした。今夜のNBCのプライムタイムの再放送になることを願っています。

絵文字の演出がかなりドープでした!

オリンピック開会式での絵文字は本当に嬉しかったです。いたるところにたくさんの笑いが必要でした。

これまでのところ、ピクトグラムが開会式のMVPになりました。

本当に楽しかったです。あなたがそれを逃したならば、絶対に見てください!

なんてコンセプトなの!!!!!!

私たちは「人間の絵文字」に夢中です!

オリンピックのピクトグラムビットは最もクールなものの1つでした

ピクトグラムについて解説すると、
東京では1964年にオリンピックを開催し、言語のギャップを埋める方法を見つけなければなりませんでした。そこで、彼らはスポーツごとに絵文字を作成しました。それ以来、それらは使用されています。これはとても魅力的です。

誰もがピクトグラムの寸劇を愛している!

「これはオリンピック競技でなければなりません。」

ちょっと失敗もあったけど、リアルタイムに楽しめてよかった。

これを行っていたパフォーマーは誰?すごくクリエーティブで楽しめたよ。

50個の種目を、あんなに短時間に表現するって、信じられない。あんなパフォーマンスは、初めてみた!

思わず見入ってしまった。ナイスパフォーマンス!

パフォーマンス、カメラワーク、音楽が融合した最高のショーだった。もう一度再放送されることを願いたい。

バドミントンのラケットを落とした瞬間、彼らの事を応援したよ。最後まで緊張感が伝わってきて、すごく興奮した!

開会式は、ピクトグラムとドローンの演出が最高だったね。僕の友達にも高評価だった。

ユーモアがあって本当に最高だった。言葉も必要なく、アイディアだけで楽しめるってプロの技ですね。

 

まとめ

開会式ピクトグラムは、海外でも高い評価を受け、大きく反響があったみたいです。

「が~まるちょば」さんや、「GABEZ(ガベジ)」さんのパフォーマンスを褒める声もありましたが、音楽との融合、カメラとの融合を褒める声も多くきかれました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました