スポンサーリンク

G1クライマックス2021星取表は?優勝は誰?

スポンサーリンク
新日本プロレス
スポンサーリンク

 

9月18日から開催される『G1 CLIMAX 31』。

今回の記事では「G1クライマックス2021星取表は?優勝は誰?」についてまとめました。

 

スポンサーリンク

G1クライマックス31出場選手は誰?

【Aブロック】

・飯伏幸太
・石井智宏
・矢野通
・鷹木信悟
・内藤哲也
・ザック・セイバーJr.
・グレート―O―カーン
・KENTA
・タンガ・ロア
・高橋裕二郎

 

お馴染みの選手がそろっていますが、Aブロックで気になるのが、大会史上初の3連覇を狙う飯伏幸太選手。現IWGP世界ヘビー級王者である鷹木信悟選手。IWGPタッグ王者の内藤哲也選手。

ファンならもちろんご存知だと思いますが、この3選手は全員昭和57年生まれ、(39歳)の同い年です。「昭和57年会」

この3人が、同じグループで戦うのはかなり期待度が高いですね。

 

【Bブロック】

・棚橋弘至
・オカダ・カズチカ
・後藤洋央紀
・YOSHI―HASHI
・SANADA
・タイチ
・ジェフ・コブ
・EVIL
・タマ・トンガ
・チェーズ・オーエンズ

注目は、過去3度の優勝経験があるエース棚橋弘至選手。同様に、過去3度の優勝経験があるオカダ・カズチカ選手。そして、内藤選手とタッグを組むSANADA選手。

さらに、台風の目になりそうなのが、ジェフ・コブ選手。
9月4日のスペシャルシングルマッチでは、オカダ・カズチカに対して圧倒的なパワーを見せつけ、最終的にしっかり勝利を収めています。

はっきり言って、選手側からしたら、「ジェフ・コブとだけはやりたくない・・・」と思っている選手も多いのでは?

ジェフ・コブ選手が、リーグ戦をいかに戦って行くかが気になるところ。

 

新日本プロレス2021「G1 31」優勝候補予想は誰?

内藤哲也選手

言わずとしれたLIJのリーダー、内藤哲也選手。

Aブロック「57年会」の熾烈な争いが予想されますが、実績・経験を踏まえても推したいですし、現時点で内藤選手の調子が良さそうな気がします。

 

 

と、予想した矢先、こんなお知らせが・・・

内藤哲也選手が、9月18日の試合で負傷し、左膝内側側副靭帯損傷・半月板損傷と診断

9月18日、内藤選手は、ザック・セイバーJr.選手と戦っていましたが、かなりの大怪我を負ってしまった様子。

初戦で負傷してしまい、予想は外れてしまいました。

 

オカダ・カズチカ選手

現在本調子ではない気がしますが、やはり、オカダカズチカ選手には、どうしても注目してしまいます。

過去2回G1を制していますし、オカダ選手はプロレスの総合力に長けているので、今回のG1では結果を残してくれる気がします。

Bブロックの代表選手は、やはりオカダ選手ではないでしょうか?

 

 

G1クライマックス31の全日程は?

G1クライマックス31の試合結果は?

9月18日(土)
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)

× 飯伏 幸太                    対 高橋 裕二郎 〇
〇 グレート-O-カーン    対 タンガ・ロア ×
〇 矢野 通                      対 KENTA  ×
× 内藤 哲也                    対 ザック・セイバーJr. 〇
× 石井 智宏                    対 鷹木 信悟 〇

飯伏選手が高橋 裕二郎選手に敗戦し、内藤哲也選手がザックセイバーJr.選手に敗戦してしまう結果に。飯伏選手と内藤選手が初日に負けるとは一切予想していなかっただけに、初日から、波乱の幕開けになりました。

 

 

9月19日(日)
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)

× YOSHIーHASHI     対 EVIL 〇
〇 ジェフ・コブ     対 チェーズ・オーエンズ ×
〇 SANADA       対 タマ・トンガ ×
× 後藤 洋央紀      対 タイチ 〇
× 棚橋 弘至       対 オカダ・カズチカ 〇

この日の注目カードは、メインの「棚橋弘至選手 対 オカダ・カズチカ選手」でしたが、オカダ・カズチカ選手が勝利されています。

 

 

9月23日(木・祝)
東京・大田区総合体育館

× 矢野 通       対 グレート-O-カーン 〇
〇  KENTA       対 高橋 裕二郎 ×
〇  飯伏 幸太      対 石井 智宏 ×
× 鷹木 信悟      対 ザック・セイバーJr. 〇

ザック・セイバーJr.選手が、鷹木信悟選手を下し、連勝。鷹木信悟選手は調子良さそうだっただけに、ちょっと意外でした。

 

 

9月24日(金)
東京・大田区総合体育館

〇  棚橋 弘至        対 後藤 洋央紀 ×
〇  タマ・トンガ    対 チェーズ・オーエンズ ×
× YOSHI-HASHI     対 ジェフ・コブ 〇
× SANADA      対 タイチ 〇
〇  オカダ・カズチカ  対 EVIL ×

1試合目から棚橋選手の試合が行われるなど、有力選手が多く出場し、ファンにはたまらない1日だった様子。

棚橋 弘至選手、タマ・トンガ選手、ジェフ・コブ選手、タイチ選手、オカダ・カズチカ選手が勝利。分かりやすく強い選手が勝った印象です。

 

 

9月26日(日)
兵庫・神戸ワールド記念ホール

〇 グレート-O-カーン   対 高橋 裕二郎 ×
〇 矢野 通      対 タンガ・ロア ×
×  石井 智宏     対 KENTA 〇
× 飯伏 幸太      対 ザック・セイバーJr. 〇

この日の注目カードは、メインの『飯伏 幸太選手 VS  ザック・セイバーJr.』。飯伏選手は「誤嚥性肺炎(ごけつせいはいえん)」で離脱されてから、ちょっと筋力が少なくなっていましたが、ちょっとずつ、かつての肉体を取り戻しつつある様子。
結果はザック・セイバーJr.選手が勝利し、快進撃が続きます。

 

 

9月29日(水)
東京・後楽園ホール

× タイチ        対 EVIL 〇
〇 SANADA        対 チェーズ・オーエンズ ×
×  後藤 洋央紀    対 ジェフ・コブ 〇
〇 棚橋 弘至     対 タマ・トンガ ×
〇 オカダ・カズチカ  対 YOSHI-HASHI ×

この日の後楽園ホールも、出場選手が豪華ですよね。棚橋 弘至選手とオカダ・カズチカ選手は、やっぱり強い。

 

 

9月30日(木)
東京・後楽園ホール

〇 石井 智宏       対 タンガ・ロア ×
〇 ザック・セイバーJr.   対 グレート-O-カーン ×
〇 飯伏 幸太       対 矢野 通 ×
〇 鷹木 信悟       対 KENTA ×

『ザック・セイバーJr.選手 VS グレート-O-カーン選手』全勝同士の試合は、ザック・セイバーJr. 選手が勝利。

 

 

10月1日(金)
静岡・浜松アリーナ

〇 ジェフ・コブ      対 タマ・トンガ ×
〇 EVIL          対 チェーズ・オーエンズ ×
〇 YOSHI-HASHI    対 タイチ ×
〇 オカダ・カズチカ    対 後藤 洋央紀 ×
〇 棚橋 弘至       対 SANADA ×

この日、メインの「棚橋選手 VS SANADA選手」は、棚橋選手に軍配が上がりました。

 

 

10月3日(日)
愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)

×  グレート-O-カーン   対 KENTA 〇
〇 タンガ・ロア      対 高橋 裕二郎 ×
〇 石井 智宏       対 ザック・セイバーJr. ×
〇 飯伏 幸太       対 鷹木 信悟 ×

絶好調のザック・セイバーJr.選手が、石井 智宏選手に敗れる波乱の展開に。

ザック選手は、全勝⇒1敗になってしまいました。

 

 

10月4日(月)
東京・後楽園ホール

× 棚橋 弘至                             対 チェーズ・オーエンズ 〇
〇 EVIL                                   対 タマ・トンガ ×
× タイチ                                  対 ジェフ・コブ 〇
〇 後藤 洋央紀                        対 YOSHI-HASHI ×
〇 オカダ・カズチカ              対 SANADA ×

ジェフ・コブ選手、オカダカズチカ選手が勝利。どちらも5戦全勝。Bブロックの優勝は、この2人を見守る形に。結果はジェフ・コブ選手の勝利でしたが、タイチ選手が何度もジェフ・コブ選手を追い込み、会場はかなりの盛り上がりだった模様。

 

 

10月7日(木)
広島・広島サンプラザホール

〇 飯伏 幸太       対 タンガ・ロア ×
〇 ザック・セイバーJr.   対 高橋 裕二郎 ×
×   矢野 通          対 鷹木 信悟 ×
〇 石井 智宏                    対 グレート-O-カーン ×

5勝目をあげた飯伏 幸太選手。そして相変わらず1敗を守っているザック・セイバーJr.選手も勝利しています。

そして、この日はスペシャルシングルマッチとして行われた『高橋 ヒロム選手 VS KENTA選手』も注目されました。舌戦もあってかなり話題に。結果はKENTA選手が勝利。

 

 

10月8日(金)
高知・高知県民体育館

〇   YOSHI-HASHI        対 タマ・トンガ ×
〇   後藤 洋央紀            対 チェーズ・オーエンズ ×
×  SANADA                 対 ジェフ・コブ 〇
×     棚橋 弘至                対 EVIL 〇
〇   オカダ・カズチカ   対 タイチ ×

この日も、ジェフ・コブ選手、オカダカズチカ選手が勝利し、どちらも6連勝中。

 

 

10月9日(土)
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)

× ザック・セイバーJr.  対 KENTA 〇
〇 矢野 通                      対 高橋 裕二郎 ×
〇 鷹木 信悟                  対 タンガ・ロア ×
〇 飯伏 幸太                  対 グレート-O-カーン ×

この日は、Aブロックの試合が行われました。1敗を守るザック・セイバーJr.選手、飯伏 幸太選手が出場しましたが、ザック・セイバーJr.選手がKENTA選手に敗戦。
今大会調子の良かったザック・セイバーJr.選手が2敗目で厳しい展開に。

Aグループは飯伏 幸太選手が6勝目を挙げ、グループ首位が近づいてきました。

それにしても、今週のKENTA選手は、舌戦でも試合でも爪跡をしっかり残されていますよね。

 

 

10月12日(火)
宮城・ゼビオアリーナ仙台

×  タイチ                        対 タマ・トンガ 〇
×  YOSHI-HASHI           対 SANADA 〇
〇 オカダ・カズチカ     対 チェーズ・オーエンズ ×
×  後藤 洋央紀               対 EVIL 〇
×  棚橋 弘至                   対 ジェフ・コブ 〇

オカダ・カズチカ選手、ジェフ・コブ選手が相変わらず無敗です。誰が2人に土をつけるのか・・・

 

 

10月13日(水)
宮城・ゼビオアリーナ仙台

〇 石井 智宏               対 高橋 裕二郎 ×
〇 KENTA                   対 タンガ・ロア ×
×  矢野 通                   対 ザック・セイバーJr. 〇
〇 鷹木 信悟                  対 グレート-O-カーン 〇

Aブロックは飯伏幸太選手がトップを独走していましたが、この日、鷹木信悟選手、ザック・セイバーJr.選手、KENTA選手が勝利し、4人が並ぶ大混戦に。Aブロックは誰が優勝するか全く予想できなくなってきました。

 

 

10月14日(木)
山形・山形市総合スポーツセンター

× タイチ                   対 チェーズ・オーエンズ 〇
× 後藤 洋央紀          対 SANADA 〇
〇  棚橋 弘至              対 YOSHI-HASHI ×
〇  ジェフ・コブ        対 EVIL ×
× オカダ・カズチカ 対 タマ・トンガ 〇

この日まで全勝を保持していたオカダ・カズチカ選手がタマ・トンガ選手に痛恨の一敗。
ジェフ・コブ選手は相変わらず全勝を守っており、前評判通りの強さを見せ付けています。

 

10月18日(月)
神奈川・横浜武道館

× 石井 智宏                  対 矢野 通 〇
△  鷹木 信悟                  対 高橋 裕二郎 △
× ザック・セイバーJr. 対 タンガ・ロア 〇
〇  飯伏 幸太                  対 KENTA ×

Aブロックはメイン飯伏幸太選手とKENTA選手の結果に注目が。

どちらも6勝2敗でしたが、「G1・3年連続優勝」を目指す飯伏選手が勝利し、単独首位に。

Aブロックの覇者は飯伏幸太選手に決定!!!

 

10月20日(水)
東京・日本武道館

〇 YOSHI-HASHI       対 チェーズ・オーエンズ ×
〇 後藤 洋央紀            対 タマ・トンガ ×
×  棚橋 弘至               対 タイチ ×
×  SANADA                対 EVIL 〇
〇   オカダ・カズチカ  対 ジェフ・コブ ×

遂に、オカダ・カズチカ選手とジェフ・コブ選手が直接対決を行う事に!

結果は、オカダ・カズチカ選手の勝利に終わり、どちらも8勝1敗でしたが、直接対決を制したオカダ・カズチカ選手がBブロックの覇者に!

 

G1クライマックス2021優勝は誰?

10月21日(木)
東京・日本武道館

『G1 CLIMAX 31』優勝決定戦
<Aブロック1位>飯伏 幸太選手
<Bブロック1位>オカダ・カズチカ選手

飯伏 幸太選手がコーナートップからフェニックススプラッシュを狙いましたが、オカダ・カズチカ選手が直前で避けて自爆する事に。飯伏 幸太選手は右腕を痛めてしまいレフェリーストップ。

2021年、G1クライマックス31の優勝は、オカダ・カズチカ選手に決定しました!

 

まとめ

2021年、G1クライマックス31の優勝は、オカダ・カズチカ選手に決定しました!

 

そしてこの日、2017年から試合を離れていた柴田勝頼選手がスペシャル・エキシビジョンマッチを行い、ザック・セイバーJr.と戦いました。

試合はドローで終わりましたが、本格的な復帰が実現することに。

 

かなり楽しみな展開になりました。

 

怪我をされた飯伏 幸太選手の状態が気になりますが、無事である事を願っています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました