TOKYO MER

TOKYO MER

TOKYO MERエリオット椿の内通者・大杉円佳は誰?

TOKYO MERが9月5日に放送されました。死者1名が発表され、衝撃の展開を迎えた10話でしたが、気になったのが、エリオット椿の内通者である女子大生の大杉円佳の存在です。今回の記事では、「TOKYO MER」のテロリスト・エリオット椿の内通者・大杉円佳についてまとめました。TOKYO MER エリオット椿の内通者・大杉円佳の出演シーンは?関東医科大学の医学部生として登場したのが、大杉円佳でした。彼女は、エリオット椿(城田優)が大学に仕掛けた爆弾の被害に遭い、負傷してしまいます。出血性ショックにより心停止となってしまいましたが、ERカーに搬送されて、MERのメンバーたちにアドレナリンを投与された事により命が助かりました。しかし、この大杉円佳は、なんとエリオット椿の内通者でした。喜多見チーフ(鈴木亮平さん)の様子をスマホを使って椿に報告していたのです。感染症の影響でバイトができず、生活に困っていた時に椿と知り合った彼女・・・彼女の報告のせいで、椿の目的が達成される最悪の結末を迎えてしまいました。TOKYO MERエリオット椿の内通者・大杉円佳は誰?TOKYO MERエリオット椿の内通者・大杉円佳は・・・・・・
TOKYO MER

TOKYO MER最終回ネタバレ予想!涼香は本当は生きてる?

「死者ゼロ」を誇ってきたチームにとって、初の死者が・・・しかも、重要キャストだと思われてきた喜多見チーフの妹、涼香(すずか)だったことに、かなりの衝撃が走りました。今回はそんな10話のあらすじを振り返りながら、最終回の大胆予想をしてみたいと思います。TOKYO MER最終回ネタバレ予想!涼香は本当は生きてる?最終回、第11話のあらすじはこちら!最愛の妹を亡くした喜多見チーフは、失意のためMER脱退を告げます。以前から胸をおさえて苦しそうにする姿が目立っていた都知事の赤塚梓(石田ゆり子さん)は意識不明になってしまう。政治家・天沼夕源(桂文珍さん)の指示により、遂にMERは解散する事に・・・そんな時に、テロリストのエリオット椿(城田優さん)が連続爆破テロを引き起こし、東京中が炎上。喜多見チーフがいないMERは、最大のピンチを迎えることに・・・と、ここまでが、あらすじとして発表されています。
TOKYO MER

TOKYO MER関口葉月は誰?16歳の虫垂炎患者で、めちゃくちゃ美少女じゃん。

TOKYO MER、第8話では、遂に喜多見チーフの「空白の1年」が発覚。さらに喜多見チーフが意識を失い、音羽が救出する神展開も・・・そして、虫垂炎の治療を受けていた女の子が、「かなりかわいかった」と話題に。今回の記事では、16歳の虫垂炎患者、関口葉月(せきぐち はづき)について記事にまとめました。TOKYO MER 関口葉月の登場シーンは?関口葉月は、第8話に登場。MERのメンバーは、「停電により全ての医療機器が停止した病院」に駆けつける事に。そこで、虫垂炎の手術を受けていたのが、関口葉月。停電により手術を中断せざるを得なくなり、ERカーに搬送される事に。母親が付き添っており、「16歳の関口葉月ちゃんである事が判明。ERカーの中でMERのメンバーがオペを行い、無事に手術を完了させました。目を閉じて搬送される様子が写しだされましたが、「誰か分からないけど、かわいかった」と話題に。TOKYO MER 関口葉月は誰?TOKYO MER 関口葉月は・・・・・・
TOKYO MER

TOKYO MER喜多見の元嫁は高輪千晶!2人の接点を振り返る!

TOKYO MERの、喜多見幸太(鈴木亮平さん)と、高輪千晶(仲里依紗さん)。医師として活躍する2人は業務上現場で鉢合わせすることもありますが、2人の関係性は、元夫婦である事がわかっています。 そんな2人の接点を振り返り、2人の過去・空白の1年について考察を深めていきたいと思います。TOKYO MER喜多見の元嫁は高輪千晶の出演シーンは?今後の鍵を握る2人の接点を振り返る!元嫁の高輪千晶(仲里依紗さん)の出演シーンを確認してみましたが、重要な出演シーンは、第1話、第2話、第4話です。第1話循環器外科医として活躍する高輪千晶(仲里依紗さん)が、赤塚都知事(石田ゆり子さん)に質問するシーン。「まさかあの人をMERのチーフに抜擢するなんて思いませんでした。あの事件のことバレたらまずいんじゃ?」「それでも、喜多見くんの力が必要なの」と返す赤塚都知事。このシーンから、あの事件を知る重要なキーパーソンである事が判明。・・・・・・・
TOKYO MER

TOKYO MER妊婦の立花彩乃は誰?エレベーターの中で一番やばかった患者はこの人!

TOKYO MER、第5話では、病院内のエレベーターに4人が閉じ込められる事件が発生。火災により煙が充満する中、妊婦の立花彩乃(たちばな あやの)が破水してしまい、最悪の危機に。今回は、エレベーターの中で一番ヤバい状態だった立花彩乃についてまとめました。立花彩乃の出演シーンは?病院内のエレベーターが、火災により、緊急停止。そのエレベーターの中には、喜多見幸太(鈴木亮平)の妹・涼香(佐藤栞里さん)、音羽尚(賀来賢人さん)、政治家・天沼夕源(桂文珍さん)、妊婦の立花彩乃の4人が乗っており、閉じ込められてしまう事に。煙が充満し、酸欠状態が続いた事により、妊婦の立花彩乃は徐々に体調が悪化してしまいます。4人の中で、唯一の医師である音羽尚は、立花彩乃の容態を確認。破水と臍帯脱出の症状である事が分かり、胎児が亡くなる可能性が・・・エレベーターの外にいる喜多見チーフから、帝王切開を行うよう指示され、エレベーターの外部にいる関係者は騒然とします。MERの敵なのか味方なのか不明な音羽尚ですが、見事エレベーター中でオペを行い、立花彩乃と、お腹の子供を救いました。TOKYO MER妊婦の立花彩乃は誰?運悪く、妊娠中にエレベーターに閉じ込められ、運良くイケメンの医師に助けられた、ある意味幸運な妊婦の立花彩乃は、河井 青葉(かわいあおば)さんです。
TOKYO MER

TOKYO MERベトナム人ミン役は誰?MIU404にも出てた?元アイドリングって本当?

8月8日に「TOKYO MER」の第6話が放送されました。5話までの視聴率が常に10%を超えており、今期の中ではかなり好調なドラマです。主演の鈴木亮平さんや賀来賢人さん、佐藤栞里さん、菜々緒さん、中条あやみさんらに混じって、MERのメンバーとしてベトナム人のミンさんが参加されています。SNSでも、「ミンさんって、どんな人?」「本当にベトナム人なの?」と話題になっているため、早速記事にまとめました。TOKYO MERベトナム人ミン役は誰?TOKYO MERで、ベトナム人「ホアン・ラン・ミン」を演じているのは、元アイドリングの・・・です。MIU404にも出演されていたので、気付いた方も多いのではないでしょうか?
TOKYO MER

TOKYO MER蔵前夏梅の娘、桃花(ももか)は誰?ラ王のCMの子?

TOKYO MERの第3話が放送されました。第3話では、蔵前夏梅(菜々緒さん)にスポットが当たる回でした。シングルマザーながら、MERとして活躍する夏梅。そして、蔵前の娘さんが登場。かわいらしい見た目と、見た目に似合わない上手な演技だったため、SNSでも話題に。「この子って、ラ王のCMの子?」の声も多数ありました。今回の記事では、蔵前夏梅の娘、蔵前桃花についてまとめました。蔵前夏梅の娘、桃花の出演シーンは?3話の冒頭では、夏梅(菜々緒さん)が娘の桃花(ももか)ちゃんを保育園に送っていきます。そこで、保育士から、「夏海の職業が医療従事者のため、桃花ちゃんを休ませてほしいと言っている保護者がいる。」と聞かされる事になり・・・
TOKYO MER

TOKYO MER冬木先生の息子、壮太(そうた)は誰?

TOKYO MER6話では、冬木治朗(小手伸也さん)にスポットが当たった回でした。冬木先生の息子、壮太(そうた)くんが出演。重要な役を演じた壮太くんにも注目が集まり、あの子役は誰?と話題に。という訳で、冬木壮太くんについて記事にまとめました。「TOKYO MER冬木先生の息子、冬木壮太を演じた子役の子は誰?」と、SNSを中心に話題になりました。冬木壮太を演じた子役の男の子は、「書けないっ!?」「ゾッキ」等にも出演されていた・・・
タイトルとURLをコピーしました