スポンサーリンク

黒崎真音の倒れた瞬間の動画はある?現在の容態は?

スポンサーリンク
大正オトメ御伽話
スポンサーリンク

 

「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」のアニメソングなどで人気の黒崎真音さんが体調不良のため、休業されています。

今回の記事では、黒崎真音さんが倒れた瞬間の動画はあるのか?現在の容態は?についてまとめました。

 

スポンサーリンク

黒崎真音はいつ倒れた?どんな状況だった?

黒崎真音さんは、配信でのライブ中に倒れてしまい、救急搬送されることに。

 

ちなみに黒崎真音さんが行っていた配信ライブは、こちら!

黒崎真音デビュー11周年イベント
「MAON KUROSAKI 11th Anniversary Onlinelive 」

2010年にデビューした黒崎真音さんにとって、11年を迎えられたイベント。

2021年9月18日午後7時から開催されていました。

 

倒れたのは配信開始後、30分頃、5曲目の曲目「peko peko peach♡」(通称 ペコピー)を歌い終わった直後だったことが分かっています。

配信を見ていたファンの方も、「なんか様子が変?」「体調悪いのかな・・・」と違和感を感じながら視聴していたところ、急に様子がおかしくなり、倒れられたそうです。

 

黒崎真音の倒れた瞬間の動画はある?

黒崎真音さんが倒れてしまった配信ライブは、

黒崎真音デビュー11周年イベント
「MAON KUROSAKI 11th Anniversary Onlinelive 」

です。

こちらの配信は、電子チケット販売のプラットフォーム、「ZAIKO」を使用して配信されており、動画を視聴するにはZAIKOへの登録が必要になっていました。

ですが、現時点でZAIKOに登録しても、黒崎真音さんの配信ライブを見ることはできず、今後も公開する予定は無いことが分かっています。

また、youtubeやtwitterを調べましたが、動画を確認する事はできませんでした。

 

黒崎真音の現在の容態は?

黒崎真音さんは、配信ライブ中に倒れた後、すぐに救急搬送されました。

そして、搬送先の病院で「硬膜外血腫」と診断されたため、緊急手術を行い、手術が成功したことが公式サイトで発表されています。

「硬膜外血腫」は、頭部を打ちつけた際になりやすいため、黒崎真音さんは倒れた際に、どこかで頭部をぶつけてしまい、「硬膜外血腫」になってしまった可能性があります。

現在は容態が安定しており、2カ月以上の療養を行うそうです。

 

まとめ

黒崎真音の倒れた瞬間の動画は、

配信ライブを行った「ZAIKO」や、動画配信サイト「youtube」、SNSの「twitter」「facebook」等を調べてみましたが、一切みつかりませんでした。

 

「硬膜外血腫」の手術は無事に終わり、現在は容態が安定しているそうです。

最低でも2ヶ月以上の療養期間は、ファンにとっては寂しいですが、元気な姿を見せてくれることを信じて、待ちたいですね。

タイトルとURLをコピーしました